高く売るコツ

一眼レフカメラを高く売るコツとしては、ミラーレス一眼よりもデジタル一眼レフの方が元々の価格が高い分、買取価格も高めです。今はほとんどがデジタルになっているので、フイルムタイプの一眼レフもありますが、需要が低い分買取価格も若干低めになります。買い取ったカメラは、中古品として販売されるので、需要が低いと買取額も低く、需要が高いほど買取価格も高くなる傾向があります。

カメラ買取をするにも、カメラを見て査定します。この時いくつかポイントになるものがあるので、ポイントを押さえておくと、高く買い取ってもらえる可能性は高まります。一番重要なのは保存状態です。大切に扱っていれば、傷や凹みなどもありませんが、雑に扱っているとそれがカメラに現れるので、査定の時も印象は悪くなってしまいます。

購入した時についている、付属品はないよりもあった方が査定には有利です。箱や説明書、袋などの付属品は捨てずにとっておきましょう。車にもモデルチェンジがあるように、一眼レフカメラにもモデルチェンジがります。だいたい3年くらいでモデルが変わるため、新しいものほど高く買い取ってもらえる傾向があります。売るなら少しでも早い方が、買取価格は高くなると覚えておきましょう。